明るい新築一戸建てにしよう

私が新築一戸建てが欲しいと思った時、まず思ったこととして明るい家がいいと感じました。それは以前に住んでいた家が暗かったのです。昼間でも電気をつけることが必要となっていたので、そのことが当たり前と思っていました。ところが友人の新築一戸建てを見たときに、こんな明るい家がいいと思ったのです。
その一つに、なんといっても南側が広いということです。すると、日差しがたくさん入りますね。そのことは、とても大切です。部屋に入ると、南の部屋はとても暖かいのです。暖かいということは、それだけで心が明るくなります。そのため、友人の家を見たときに、明るい家にしたいと思っていました。
その結果、やっぱりちょっと庭があると明るい家にすることができます。それは南側に庭を作ることにより、そちらの日光を感じることが出来るからです。そこで家があると、日光が遮られてしまい、やっぱりくらい部屋になってしまいます。そのため、南に庭があるといいですね。
日差しというのは、一日の最初に浴びることにより元気になることができます。そのため、朝に日差しを感じて食事をしたりすることがベストです。
また日当たりが良いと、湿気の予防にもなるのでその点でもいいと感じます。

伊勢の工務店で自然素材の家づくりなら