住宅ローンは担当者で決めていいかも

先に言っておきますと、住宅ローンの金利はどの金融機関も似たり寄ったりだと言えるでしょう。この低金利時代ですから、住宅ローンの金利がどこぞの銀行によって大幅に変わるというわけでもないのですよね。

住宅ローンを組む金融機関を給与振込先にする、つまりメインバンクにすることで、まず住宅ローンの金利が下がり、そして公共料金の引き落とし先に指定することで金利が下がりーといったように、どこの金融機関もメインバンクにすることで住宅ローンの金利が下がっていくシステムは、変わりがないというものです。そしてまた、住宅ローンの金利が大幅に下がるわけではないというところも。

ですから今の時代は、住宅ローンを組む金融機関を金利で選ぶことは難しいと言えるのではないでしょうか。だって、どこの金融機関を見てみても金利の差額なんて本当に微々たるものです。というかほとんど一緒なのですよね。

ですから住宅ローンを組む先の金融機関をどこで決めるのかと言えば、あとは「担当者」でもいいでしょう。親切丁寧な対応をしてくれる担当者で決めたっていいですよ。だって住宅ローンなのですから、これから長?いお付き合いとなりますからね。嫌な担当者のいる金融機関で住宅ローンを組むなんて、気持ちがよくない話じゃないですか。

そしてまた、住宅ローンを組む先を選ぶその他の要素としては、「ATMが近くにあるかどうか」といったような利用のしやすさでしょうか。住宅ローンを組む金融機関がメインバンクとなる場合がほとんどですから、「ATM」も重要ですよ。

三重で人気の平屋を建てるなら